いまの日本国、国会議員の在り方に思うこと

わたしがいま一番不信感を抱いているのは国会議員です。学生の頃にアルバイトで地方テレビ局のカメラアシスタントをしていました。現場同行で市議会、県議会に行く機会も多く普段市や県の為に、県が良くなる為に働いてくれている国会議員の皆さまの仕事ぶりに興味がありました。

国会議員になるために毎日、朝早くから挨拶をしたり、雨の中でも演説をしていたり、立ち止まることはなくてもいつも気になっていましたし、尊敬をしていました。

しかしいざ県、市議会の現場に行ってみると寝ている人がいるのは当たり前、答弁している人の顔をみているひとを数えた方が早いくらい、現実は悲惨なのものでした。

このひとたちに人間の心があるのか、本当に私たち国民のためを思って働いてくれているのか正直わからなくなりました。その結果が人道から外れた発言、不倫、などなどの不祥事に繋がっていると思います。

正直国会議員が国会に出席するお金が国民の税金から支払われていると考えただけで悲しみを通り越して憤りを感じます、非常にいまの日本、国会議員の在り方には納得できません。

もっと真摯に誠実に国民のために働いて欲しいです。だって1億人の人から給料をもらっているのだから。

プロミスの審査に通過するためには?
プロミスの審査に通る為に何が必要なのかを情報をまとめたサイトです。ぜひチェックして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です