国会議員は足の引っ張りあいばかりしている

安倍首相と明恵夫人の森友学園問題などすごく細かいところまで追及してますが、どこまでのかかわりがあるのか必要ですか?どこかの番組で話してましたが、本来ならば、国民目線とか国民の声に耳を傾けるというのが基本部分になくてはならないと思います。その観点からやり取りを見ていると、野党の人達の追及おかしくないですか?

一国民が相談してて、できる限りで声を聞き助けたのであれば、真っ当な行動だと思います。国会は一度開かれるたびに莫大な金額がかかるとよく聞きます。それは私達の税金で賄われているならボイコットややじを飛ばすのに使うのでなく、もっとすすめなくてはならないことに使ってほしいです。森友さんもすぐにテレビに出てきて録音データがあるとか言ってますが、破産手続きしているのなら、本来支払わなければならないに債権者の方々に少しでも多く返せるよう働くとか何か考えて返済に充てるべきではないかと思ってしまいます。

今ようやく外交などで落ち着いてきたように感じるのですが、足の引っ張りあいでまた総理が変われば日本はどうなるのか、心配です。

確か蓮舫さんが代表になるときの答弁でやじなど飛ばさずに理論で話し合うこと約束してましたが結局のところだれがなっても一緒という印象です。

消費者金融の審査基準!嘘をつかなくても審査に通る方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です